対策

フェイスブックの乗っ取り防止に2段階認証(ログイン承認)を設定

フェイスブックでアカウントを乗っ取られたので対策として2段階認証をおススメしました

facebookのセキュリティー対策として、2段階認証と言うのがあるのですが、これで結構セキュリティーが高まります。今回はこの2段階認証(ログイン承認)の設定方法を説明します。

2段階認証(ログイン承認)とは?

2段階認証って一体なんなんだ?って思う方もおられるかと思いますが、これは普段使っているスマートフォンで作られるログインコードを使って、普段使っている端末とは別の端末からログインするときに本当に本人かどうかを確認するものです。

IDとパスワードだけの場合は、誰かにその情報がばれてしまうと、どこからでもログインできてしまいます。それを防ぐために普段持っているであろうスマートフォンを使って2段階認証をすることで本人確認をしっかり行うものです。

フェイスブックでの2段階認証の設定方法

まず、セキュリティーの設定画面に行きます。

フェイスブックの2段階認証の設定方法

ここで、ログイン承認という項目の編集をクリックします。

フェイスブックのログイン承認の設定使用したことのないブラウザからアカウントにアクセスする際にログインコードの入力を求める と言う項目にチェックを入れます。

facebookのログイン承認の設定方法

こんな画面が出てきてこちらからスタートをクリックします。

フェイスブックの2段階認証の設定方法

iPhoneやAndroidなどを使っている場合は上の方をクリックして、次へをクリックします。

そうすると、コードジェネレーターをオンにしろと言う指示が今度はでてきます。

facebookの2段階認証のコードジェネレーターをオンにする

ここで、iPhoneなどのアプリを立ち上げ、ログインしてメニューボタンをタップします。そうすると下の方にコードジェネレーターと言う項目が出てくるかと思います。

facebookのコードジェネレーターをオンにする方法

コードジェネレーターという項目をタップします。そうするとコードジェネレーターをオンにすると言うボタンが出てくるかと思います。

facebookのコードジェネレーターをオンにする

ここでコードジェネレーターをオンにするとスマホの画面に30秒間だけ有効なコードが表示されます。

フェイスブックの2段階認証をオンにする

この数字が出てきたらパソコン画面に戻ります。

フェイスブックのコードジェネレーターをオンにする

表示されている数字を入力して閉じるを押すと2段階認証(ログイン承認)の設定完了です!

facebookのアカウントを乗っ取られたあとが大変!

Facebookのアカウントが乗っ取られた後、アカウントを取り戻すにはかなりめんどくさいことになります。ぼくは実際に乗っ取られたことがないのですが、メールアドレスやパスワード、電話番号の設定を変更されてしまい、自分のアカウントにも関わらずパスワードの再設定のメールすら届かなくなります。

アカウントが乗っ取られたら身分証明書を送ったりいろいろとしないと復活できないようです。特に写真とかいろいろとアップしてあって、過去の想い出なんかもそこにしかないなんて人もいるかと思いますので、乗っ取られないように2段階認証を設定して注意しましょう!

 

-対策