詐欺

情弱な経営者は要注意!貸してあげる詐欺

2016/09/28

情弱経営者は要注意!「詐欺FAX」を送りに送って月10万件!振り込め詐欺犯が中小企業をだまし続けたテクニックとは・・・

こんなニュース記事が流れてきました。

「詐欺FAX」を送りに送って月10万件!振り込め詐欺犯が中小企業をだまし続けたテクニックとは・・・

情弱な経営者は要注意

http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160922523/

いろんな詐欺があるかと思うのですが、情弱な経営者の人は特に注意してほしいなと思う事例です。資金繰りが苦しくなってくると銀行はなかなか貸してくれないし、ある程度資金力があれば次の一手が打てるのになぁって思うことって多いかと思います。(でも、その一手が第三者的にはいまいちだなと思われれば銀行も貸してくれないですよね)

資金繰りに銀行以外でも貸してもらえるところはいろいろとありますし、今はちょうど闇金ウシジマくんの映画が公開されているので闇金なんていうのもあるかもしれません。

こういう悪質業者の手口としては、保証料を払ってくれれば貸せるとか言って保証料をだまし取ると言うのが手口です。

毎日のように届く融資の案内FAXやメール

うちの会社にも毎日のように融資の案内のFAXやメールが届いています。たぶんそこの中には本物の闇金業者などもいるかと思います(笑)

情弱な経営者がダマされる融資詐欺

FAXなどによっては依頼もしていないのに融資の審査が通りましたとか書いてあったりするわけですが(笑)、こういうFAXとかってよく見ると本来書いてあるべき財務局の登録している番号が書いていないとか、書いてあってもウソの情報だったりするわけです。

そんなときにネットでちょっと調べてみると怪しい行者なのかどうかと言うのがわかります。

例えばこんなサイトで調べることもできます

日本貸金業協会 悪質業者の検索 http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

関東財務局 悪質な貸金業者の情報 http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/kashikin/akusitsu.htm

ネットで調べてみるとこういう悪質貸金業者を調べることができますので、まずはこういうサイトに掲載されている業者かどうかと言うのを調べてみると言うのも良いかと思います。ただし、どんどん社名などを変えて相手はやってきますので、こういうサイトにはアップされていなくても怪しい業者はいっぱいあるかと思うので注意は必要です。

上記のサイトのリストには載っていなくても、会社名で検索してみるとYahoo!知恵袋とかに出てきたりもしますね(笑)

情弱な経営者は要注意

大切な会社の資金をだまし取られないように!

きょうの情弱ポイント

  1. 怪しい業者かどうかネットで調べてみる
  2. 安易にFAXやメールなどの業者に問い合わせない
  3. 一度ダマされるとダマされやすい人リストに登録されるので同じ方法でだまされない

と言うわけで、借入は経営者の永遠の課題かもしれませんが情弱から脱出して、こんな方法にダマされないようにしましょう!

-詐欺